国産紅茶グランプリ2019 審査結果発表

10月27日(日)尾張旭市中央公民館にて、国産紅茶グランプリ2019が開催されました。

今年は、プロダクツ部門43種、チャレンジ部門47種の合計90種の茶葉を出品いただき、予選会でそれぞれ上位10事業者が選ばれ、グランプリで審査をされました。

グランプリ本選の審査は、専門家審査員11名、一般審査員82名により行われ、プロダクツ部門、チャレンジ部門それぞれ「グランプリ」「準グランプリ」「審査委員長賞」「金賞」「銀賞」が選ばれました。 それに加えて今回はすべての茶葉の中から開催地尾張旭市の特別賞として、「尾張旭市長賞」「尾張旭市議会議長賞」「尾張旭市観光協会会長賞」も選出されました。

審査結果は下記をご覧ください。

また、今回のグランプリの講評を審査委員長の武田先生からいただきました。
講評とグランプリ当日の講演での発表スライドをこちらに掲載しております。

 

【チャレンジ部門】

 

 

【プロダクツ部門】

【特別賞】


タイトルとURLをコピーしました