はじめに

国産紅茶グランプリ2020を「新しいかたち」で開催いたします!!

私たちの思い        
近年、日本では茶業の多様化の必要性が認識され紅茶・烏龍茶に挑戦される生産者や事業者の方が急速に増えています。この国産紅茶グランプリを毎年開催することで、国産の紅茶が世界のトップレベルの紅茶に遜色ないものとなった事を証明するとともに、この国産紅茶グランプリが日本で紅茶生産を行っている方々に一つの指標を与える事で、品質向上の一助となることをめざしています。

思いをかたちにするために  
この思いをかたちにするため、昨年の開催では大きく規定を見直しました。規定の見直しによって、参加できなくなってしまった出品者もいらっしゃるかもしれませんが、私たちの思いをご理解いただき、応募できる紅茶を、一人でも多くの方が生産し販売向上につながること、そして、一般の方が審査員に加わることで、紅茶の奥深さを一人でも多くのかたに知っていただくことを願っております。

応募にあたって       

今年は新型コロナウイルスの影響により、いろいろなイベントが自粛されています。
そんな中、国産紅茶グランプリは「こんな時こそ、紅茶を飲んでおうち時間を楽しんでほしい!」との思いに至り、一般審査員の皆さんに、集まらない「自宅で参加型」審査をしていただく、例年とは違う方法での開催をすることにいたしました。
グランプリの内容は例年通り、国産紅茶葉を募集し、専門家審査員により選出された入選茶葉を一般審査員が審査するというものですが、いつもは尾張旭市で開催していた一般審査員審査(グランプリ本選)は、皆さんのご自宅でゆっくり楽しく行っていただくという、「行かなくてもいい」審査になります。
今年のグランプリ各賞は紅茶の専門家の審査で決定し、一般審査員の皆さんに選ばれた茶葉には一般審査員特別賞が贈られます。

タイトルとURLをコピーしました